小型犬トラブル総合パーク

小型犬トラブル総合パークへご訪問ありがとうございます!正確な犬の薬のチョイスの仕方をご教授しましょう!キーポイントだけわかっておけば、問題となる犬の薬を買って悔やむ不安はないです。 - 小型犬はどうして歯のトラブルが多いのですか?

小型犬はどうして歯のトラブルが多いのですか?

小型犬種の歯のトラブルに注意しよう

小型犬に多い歯のトラブル

小型犬に多い歯のトラブル
小型犬種には比較的歯のトラブルが多いです。特に乳歯が抜けないままの状態で永久歯が生えて口の中に2列に並んだまま放置されるケースは、歯石や歯垢がたまりやすく口臭を引き起こす原因になります。

また、歯肉炎、歯槽膿漏、歯根炎と病気が進行してしまい、最後には歯が抜けて、ひどい時にはあごの骨が溶けてしまいます。これでは見た目も良くないですし、全身にも悪影響を与えるのは時間の問題になります。

一般的には犬の乳歯というのは正常な子犬なら生後4カ月あたりから自然に抜け始めて、6カ月ほどで永久歯に変わりますが、乳歯が抜ける事無く永久歯が生えて放置される原因は、次のようなものがあります。
1つは飼い主の無知からくるものです。
歯が2列に生えていても、犬の歯とはこんなものなのかと放置する場合です。
毎日歯の手入れをしていればこうした異常にも気が付きやすいです。
処置も早くできます。
生後6か月を過ぎているのに乳歯が自然に抜けない時には、獣医師に抜いてもらいましょう。
2つ目は小型犬に多く見られるケースとして、多くの飼い主が硬いも物をかじらせたり、与えたりしない事が原因です。

エサはドライタイプがいい

ですから、食べ物はドライタイプのドッグフードを与えると良いでしょう。
ドライタイプですから、硬さがありこれをバリバリ食べる事により、自然にあごの骨を発達させます。
さらにドライタイプのドッグフードは歯石がたまりにくい利点もあります。

あごを丈夫にする他の方法

例えばボールなどをくわえて遊ばせている時に、脇からボールを引っ張ったりします。
またボールの代わりにタオルなどを利用しても良いでしょう。
しかし、注意点としては小型犬の場合にはあまりに強く引いてしまうと、神経症状を起こす犬がいるので、あごの骨の発達を促す運動はいったん獣医に相談してみましょう。
一般的に歯を正常に強くするには飼い主が与えるエサの内容が基本で、犬に適した栄養バランスもとれたものを常時与えるようにしましょう。

散歩中に犬がどんどん先に進んでしまうのですが、どうしたらいい?

散歩中は犬に引き綱を引かせてはいけません

犬の引っ張る力

犬がまだ十分に成長していない時には、散歩中に引き綱を引く力は、飼い主にとってそんなに気になりません。ですが、成犬になった中型犬以上では小学校の低学年以下、人によりお年寄りにも犬が綱を引く力を抑えるのが難しくなります。体重が15㎏以上にもなる成犬なら瞬間の力も強く大人でも油断していると引っ張られます。人間にとっても危険ですし、犬にとっても事故が起きやすい状態です。

散歩中のしつけ

犬に引き綱を引かせてしまうとリーダーは人間ではなくて自分であると犬が認識してしまいます。ですから絶対に犬に引き綱を引かせないしつけが重要なのです。まず、犬が引き綱を引いて先に行こうとした時には、犬が行きたい方向の反対へ行きます。途中で道を曲がってもいいでしょう。そうやって同じ道を行ったり来たりしてもかまいませんから、飼い主が犬を引き連れて歩く状態をキープする事です。

次に犬が引き綱を引くその瞬間、引き綱を引こうとする前の犬の動作をよく観察して、その動作を見た時に、引き綱を瞬時に引いて犬の首にショックを与えるようにします。引き綱を引く瞬間と力、このタイミングを間違えないようにしてください。引き綱を引っ張る力が加わったらまさにその瞬間、ガツン!という感じでショックを与えてすぐに引き綱を緩めます。この時に大事なポイントは犬の首がいつも圧力をかけられているような飼い方をしていると、犬の首はショックに対して鍛えられているので効果が上がりません。例えば普段から犬に引き綱を引かせていたり、外でつないで飼っていたりする場合です。このような時には散歩の時にはスリップカラーやチェーンカラーと呼ばれる首にかなり圧力がかかる首輪に変えてしつけると効果が上がります。

それでも引く力が強すぎる犬に対してはスパイクが内側についている首輪を使う事になります。これは普通の首輪よりもショックも痛みも強いです。ただ、これはできるだけ使わないようにしてあげたいです。犬と飼い主の関係で大事なのは主人は飼い主なのだ、と犬に理解させる事です。それは散歩の時にもその関係性をはっきりと愛犬に理解させる事を意識しておきましょう。

もっと犬のことを知ろう!
ペット薬(犬の薬)個人輸入サイト|わんこのくすりやさん

更新情報

  • ●2016-12-01
    フィラリアの薬はどこで買えるの?を新規投稿しました。
  • フィラリアは犬に重篤な症状を引き起こし、最悪の場合は死亡してしまう怖い病気です。しかし、フィラリアは予防薬で確実に防げる病気です。フィラリアの薬はどこで買えば良いのでしょうか?また、購入する際の注意事項は何でしょうか? […]

  • ●2016-11-10
    留守番が上手になる犬に育てるには?を新規投稿しました。
  • Contents1 留守番はしつけ次第2 最初が肝心3 意図的に留守番タイムを作る4 留守番をさせるときの注意 留守番はしつけ次第 飼い主が家を留守にすると、おとなしく過ごせる犬もいますが、寂しがって鳴き続けたり、退屈し […]

  • ●2016-11-10
    犬の散歩でオシッコに水をかけている人がいますが、やったほうがいいのでしょうか?を新規投稿しました。
  • Contents1 犬のマーキング2 街中でマーキングOKの場所は少ない3 オシッコに水をかけることについて4 こんなトラブルも 犬のマーキング 犬のオシッコは排泄するためのほかに、自分のテリトリーを示すためのマーキング […]

  • ●2016-08-01
    飼っている犬の年齢が人に換算するといくつかご存知ですか?を新規投稿しました。
  • 生まれてから1年くらいで成犬になるので子犬の時期はあっという間に過ぎてしまいます。 体が出来あがり、力も強く、繁殖能力もあるので縄張り意識と集団の中の序列をもって人間の家族の中で暮らし始めています。 3年くらいは子犬の頃 […]

  • ●2016-07-27
    かわいい愛犬に好物をたくさんあげたいけど、大丈夫かな?を新規投稿しました。
  • 偏食こそが病気を引き起こす最大の原因 Contents1 偏食が病気の最大の原因2 偏食で起こる病気3 偏食4 愛犬が起こす勘違い 偏食が病気の最大の原因 愛犬の偏食には2つの種類があります。 一つ、経済的な理由から人間 […]