犬の散歩でオシッコに水をかけている人がいますが、やったほうがいいのでしょうか?

小型犬トラブル総合パークへご訪問ありがとうございます!正確な犬の薬のチョイスの仕方をご教授しましょう!キーポイントだけわかっておけば、問題となる犬の薬を買って悔やむ不安はないです。 - 犬の散歩でオシッコに水をかけている人がいますが、やったほうがいいのでしょうか?

小型犬トラブル総合パーク

犬の散歩でオシッコに水をかけている人がいますが、やったほうがいいのでしょうか?

犬のマーキング

犬のオシッコは排泄するためのほかに、自分のテリトリーを示すためのマーキングでもあります。ですから、少しずつあちこちにオシッコをかけるのですね。
でも、自分の家の玄関やカベにマーキングされたらいやですよね。そのために飼い主は、マーキングの場所に気をつけ、水で流すなどの配慮をしているのでしょう。

街中でマーキングOKの場所は少ない

自分の家や自動車、バイクなどにオシッコがかけられて、嬉しく思う人はいないでしょう。ニオイも気になりますし、衛生面でも問題があります。また、オシッコは変色や腐食を招き、資産価値を下げてしまうことあります。
広い公園などでも、小さい子どもも遊ぶ場所ですから、避けたほうがいいでしょう。
こうして考えると、衛生面に配慮し、犬嫌いの人とも共存しなければならない街中の環境では、マーキングOKの場所のほうが少ないのが現状です。

オシッコに水をかけることについて

犬のオシッコに水をかけても、地面やカベに排水口がついているわけではありませんから、ただオシッコを薄めているだけになり、ニオイは多少軽減するとしても、衛生面でいえばなんの意味もありません。でも、犬のオシッコをそのままにして平気だった時代よりは、なんとなくエチケットが感じられ、水をかけないよりはかけたほうがマシな印象です。こうすることによって、犬を飼っていない人との摩擦が減ることは確かでしょう。
ただし、本来は飼い犬の排泄物は、自分の家で処理すべきものです。犬は散歩中にするもの、という固定観念がありますが、犬もトイレットトレーニングをすれば、きちんと犬用のトイレでするようになります。

こんなトラブルも

動物のオシッコによって根元部分が腐食していき、道路標識やカーブミラーが倒れてしまうという事故が実際に起こっています。もし人が通りかかったときに倒れたら、とても危険ですよね。
また、自分の家の前でオシッコをしていた犬を蹴ったり、飼い主と口論になったりというトラブルも頻繁に起こっています。
トラブルを避けるためにも、みんなが住みやすい町にするためにも、ぜひ一度、オシッコエチケットについて考えてみてくださいね。

小型犬トラブル総合パークTOPへ