留守番が上手になる犬に育てるには?

小型犬トラブル総合パークへご訪問ありがとうございます!正確な犬の薬のチョイスの仕方をご教授しましょう!キーポイントだけわかっておけば、問題となる犬の薬を買って悔やむ不安はないです。 - 留守番が上手になる犬に育てるには?

小型犬トラブル総合パーク

留守番が上手になる犬に育てるには?

留守番はしつけ次第

飼い主が家を留守にすると、おとなしく過ごせる犬もいますが、寂しがって鳴き続けたり、退屈してイタズラしてしまったりと、いい子に留守番ができない犬がいます。これは犬の性格や犬種によっても得意不得意がありますが、きちんとしつけていけば、どの犬もちゃんと留守番ができるようになるのです。

最初が肝心

留守番のしつけは、その犬を飼い始めたときからスタートです。家に迎えたてのころはまだ環境に慣れていないので、こまめに犬に話しかけ、スキンシップをとって、家になじむように配慮することが大事です。でも、それが過ぎていつもベッタリ犬に寄り添うようにしていると、犬はそれが普通の状態と思ってしまいます。そうなると、たまに留守番をさせなければいけないときに、寂しさや不安感を覚え、鳴き続けたり、暴れてしまったりするようになるのです。

意図的に留守番タイムを作る

いつも誰かが在宅しているような家庭でも、ときには全員に用事ができたり、一家で出かけたりすることがありますよね。そんなときに犬が「いつもと違う」と思ってしまわないように、子犬時代から少しずつ留守番を経験させるようにしておきます。出かける用事がなくても、意図的に犬だけで過ごす時間を作っていきましょう。
「わざわざ?」「なんだかかわいそう」と感じるかも知れませんが、急な留守番でパニックになるほうがよっぽどかわいそうです。少しずつ留守番を経験させておけば、犬のほうも待っていれば飼い主が帰ってくる、と見通しが立ち、落ち着いて留守番ができるようになるのです。

留守番をさせるときの注意

犬だけを置いて留守にするときは、必ず水が不足しないように気をつけてください。長時間になるときは、自動給餌器を用意したほうがいいでしょう。
また、空調にも配慮が必要です。犬が快適に過ごせるよう、エアコンを設定しておきましょう。
犬がいじっては危険なものを、犬が触れないところに仕舞っておくことも大事です。「万が一」ということを充分に想定して、安全に留守番ができる環境を整えてあげてくださいね。
そして留守番に慣れているからといって、犬だけで過ごす時間が長すぎては、やはり犬にとってはストレスになります。仕事などでどうしようもないことはありますが、なるべく早めに帰り、休日にはたっぷりスキンシップをとるなど、犬のストレスを発散してあげられる機会を作ってあげましょう。

小型犬トラブル総合パークTOPへ